読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いきなり三児のパパになる 〜初婚男の子育て奮闘記〜

初婚男子が、子連れママと結婚!「二人の連れ子とお腹の子」の子育て、生活日記!

ダブルスタンダード。

妻とは結婚する予定も、そのような考えもありませんでした。

 

最初から厳しいことを書いてしまいますが、わたし個人の考えではバツイチ、子持ちはNG」でした。

 

普通の家庭と比べてしまうと、余計に苦労をしてしまう点があると思っていたからです。

 

さらに、独身貴族だった自分が、まったく知らないどこかの男と作った子に対して、愛情だけでなくこれから成人するまでの費用を出せるのか!? という問題点が自分にありました。

 

 

ではなぜ「三児のパパに?」。

 

妻自身をとても愛しているため「この人との子供が欲しい」という考えがお互いに一致し、おめでた婚となり、必然的に連れ子の父親になるという流れになったのです。

 

今考えると、頭ではバツイチ子持ちNG」という考えがありながらも、すでにそうなることを受け入れていたのか? 予想していたのか?

そうなりたかったのか?

矛盾からなる、ダブルスタンダードな…考えだったのでしょう。

 

わたしは元々子供が大好きなので、この連れ子二人と初対面の時も、すでに帰りのお別れで泣かれてしまうというくらい馴染めたのも、良いスタートだったのかも知れません。

 

ただ、一つをのぞいて。

 

お腹にいる子も含め。

 

 

 

 

 

わたしの理想である、長男・長女、二児の父ではなく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家は三姉妹なのです。